購入時に1つだけついていた実が、とうとう赤くなりました。
出来るだけ熟してから収穫したいと思うけど、ここからは虫との闘いですかね。
甘くなったのを、どちらが先に察知するか。

定植してからついた実も、どんどん大きくなっています。

IMG_5603.png

何もお世話をしていないのですがね... ( ̄▽ ̄;)

IMG_5612.png

1房に8~10個の花がついている。
これが同じぐらいに結実して赤くなって、収穫できたら...
すごい満足感を味わえそうな、そんな予感。

オクラの方は、やっと花芽が出来ました。

IMG_5598.png

オクラのお花は写真の被写体にも良さげなので、楽しみです。

少し心配なのは...
花芽もついて、どんどん上に伸びているけれど、茎がまだとても細い事。
風が吹くと折れそうで、支柱を立てた方がよいかと悩むほどです。

栄養不足なのかなぁ...
も少し、様子をみてみます。

あとは...
実がなる前からもう心配している事は、
実を収穫した後、その下の葉を摘み取るという事を何かで読んだのだけど、
摘み取るべき葉を正確に選び出す事が出来るだろうかという事。

ちょっと調べてみたら、
オクラだけじゃなくて、他の野菜でも同じみたいですね。

下葉かきというそうです。

実がなり収穫した部分には新しい実はならない(なりにくい)為、
その部分の葉にいく栄養がもったいないので摘み取って、
その栄養が他の葉へ行くようにするのだそうです。

そうと分かれば、もう大丈夫。
迷わずに摘み取れます。

どんな意味があるのか分からないと、
間違えてはいけないような気がして、
躊躇しますよね ( ̄▽ ̄;)

スポンサーリンク


関連記事

相変わらず、大葉はオンブバッタのお食事所となっています。
もうね... 諦めちゃっているのですよ。

でもね... オンブバッタの様子を観察ついでに、
食害されていない大葉を見つけた時は、
1枚でも2枚でも、摘んでしまいます。

ほんとに、小さい葉っぱなんだけどね...
こうなったら、早い者勝ちですよ!

いま、Wikiで調べたら、シソ科の植物はよく狙われると書いてありました。
もう、しょうがないね...

上のオンブバッタは、体長2cmぐらいの長子。
下のオンブバッタは、体長1cmぐらいの次子。

IMG_5588.png

あっ、まだ書いていなかったかな...

1匹しか見つからなかったと書いたけれど、
あとでちっちゃいのが2匹見つかったのですよ。

ニョロニョロはオンブバッタの赤ちゃんだったのかな?
と思って調べたのだけれど、
オンブバッタにニョロニョロの時期があるのかないのか、
はっきりと分かる記述に出会えませんでした。
どっちかな?

先日、東京に大雨が降った時、大葉を観察していたら、
長子が見当たらなくて...
上の葉をめくって下の葉を覗いたら、
いた!

なによ...

怖くて、隠れてたの?

それに引き替え、次子は堂々としたもので、
雨の雫が跳ねる葉っぱの上に、
じっと佇んでいました。

やっぱり、
幼いものは、怖いもの知らずですね。

スポンサーリンク


関連記事
IMG_5581.png


アイコ、18日目の夏。

このアイコは200円で購入した見切り品です。
ある程度成長していたので、蕾もついていたし、実も1つついていました。
その実も、大分大きくなってきているのですが、まだ色づく気配はありません。

そんな中、
お庭に定植してから花を開き、実をつけた、
その実が、こんなに大きくなりました。長さ1.5cmくらいかな。

帽子(ガク)がまだまだ大きく見えるから、これからもっともっと実も大きくなりますね。

このアイコですが、
これも、肥料なしで育てています。

植えた場所は、お庭の一部を煉瓦で囲って培養土を入れた花壇です。
この花壇も、数年前まではいろいろなお花を育てていたのですが、
ここ数年は、ツルニチニチソウやヒメツルソバなど、
繁殖力旺盛な草花が、勝手に生きておりました。

そこに、このアイコとオクラの苗を植えました。

どこで何を読んだのか、
わたしの頭の中には、
トマトは不毛の地でも育つ。とインプットされています。
もちろん、それで生計を立てるとなると、そうはいかないとは思いますが。

自分の家の食卓を彩るだけの量を、
ずぼらなお世話でも育てられるものをとチョイスしたつもりなのです。

移植後、2、3度雨が降りましたが、
それ以外にしっかりとした水やりはしていません。

アイコとオクラの場合は、鉢ではなくほとんど地植えなので、
どんどん下へ下へと、根を張っていくと思われます。
根を張ることは、まぁ、良いことですよね。

そんなアイコですが、
きょうは東京、突然大雨が降りまして、
アイコにもたくさんの雨が降り注ぎました。

観察していたら、
最近見かけなかったので何処かへ行っちゃったと思っていたあのテントウムシが
アイコの葉っぱの裏で雨宿りしているのを発見しました。

それにしては、
葉っぱの食害は少ないような気がします。
やれやれ... まずは一安心。

スポンサーリンク


関連記事