IMG_4308.jpg


このお花、お名前、何というのでしょうね?

写真を撮って、名前の分からないお花は、
ネームプレートがないかどうか探して、あればそれも一緒に撮影してくるのだけれど、
なかったので、家に帰ってから調べたのです。
でも、見つけられませんでした。

とても特徴のある花木なのですがね。
だって、このお花、1つの木に白とか濃いピンクとか、写真のような薄ピンクとか、
いろんな色のお花が咲いているのですよ。
というか、時が経過するにつれて、お花の色が変化していくという方が正しいのかな?

と... ここでも一度調べてみましたよ。
春 花木 白、薄ピンク、濃いピンクと変わる」で検索、
そしたら、出てきた。
その名は「ハコネウツギ」でした。

書いているうちに、頭の中が整理されて、あっ、と思って、
次の行動で良い結果が出る。
普段の会話でも、結構そうだったりします。
1人で考えていても答えが出ない事を人に話すことで頭の中が整理されて、
はっきりと自分の答えを出せることがあります。

聞いてくれた人は真剣に聞いてアドバイスしてくれたりするのにね、
さっさと1人で答えを出しちゃった時には、なんだそりゃーって、なるよね?
人騒がせなんだよね、ごめんなさいね。
分かってるんだけどね、やめられないのよ。どうしましょうね? ( ̄▽ ̄;)

ハコネウツギの話しに戻りますが、
やっぱり、咲き始めが白で、咲き進むにつれて濃いピンク色に変化していくみたいです。
花言葉は... これまたやっぱり、「移り気」でした。
紫陽花の花言葉も「移り気」ですが、他にもいろいろあるんですよね。
でも、ハコネウツギの花言葉は「移り気」しか見つかりませんでした。
ほんとにそれ以外に何もないのだろうか。
わたしにはあまり馴染みのないお花なので、イメージが湧きませんが、
何か良い花言葉をつけてあげたいですね。

スポンサーリンク


関連記事


ホームセンターの園芸コーナーを見ていると、違和感を感じることがある。
その違和感から、多分、染色しているのだろうなとは思っていたけれど、
いまちょっと調べてみたら、やっぱりそうでした。
青い胡蝶蘭。染色された胡蝶蘭は花の脈に沿って筋のように青さが出る。
青は好きな色だけれど、そのお花を綺麗とは決して思えない。
品種改良によって作り出された青い胡蝶蘭もあるそうですが、
こちらは実際に見たことがありません。どうなんでしょうかねぇ。

薔薇について言えば、青い薔薇を作り出すことはとても難しく、
ありもしない青い薔薇の花言葉は、「不可能」でした。
しかし、サントリーフラワーズがその青い薔薇を作り出すことに成功、
不可能は可能に、青い薔薇の花言葉は「夢かなう」となりました。

薔薇には青色の色素がないらしく、
青色の色素を持つお花の遺伝子を組み込んで出来たそうです。
スタート地点がそれなのだから、わたしから見れば薄紫色にしか見えない青い薔薇も、
充分成功といえるのでしょうね。
これからどんどん研究が進められ、純粋な青い色の薔薇が出来たら、
見てみたいですねぇ。

スポンサーリンク


関連記事


このお花、別名「貧乏草」と呼ばれるそうです。
知ってました?
わたしは初めて知りました。
貧乏草ですか...

ハルジオンは観賞用として日本に入ってきましたが、
その旺盛な繁殖力で、空き地や道路などはもちろん、
どんな貧乏な家の庭にも、手入れの行き届かない貧乏な家の周囲にも生える事などから、
貧乏草と呼ばれるようになったそうです。

何てことでしょう。
うちのお庭にも生えてるけど? (✿→艸←)
初めてお庭に咲いているのを発見した時は、喜んじゃったけど? (✿→艸←)

「折ったり摘んだりすると貧乏になる」って、
そこまで言うかー! と思うよ。

花には何の罪もないよね。

ちなみに、こんな事を言ったら失礼かもしれないけれど、
わたしは好きなんだよね。
手入れの行き届いていないお庭にこういう雑草が咲いているの。
家屋が古くからの和風な家だったりしたら、サイコー。

春紫苑が主役になれる場所だって、たくさんあるよね。

花言葉は「追想の愛
BUMPの「ハルジオン」を貼ろうと思って探し回りましたよ。
やっと見つかりました。

BUMP OF CHICKEN 「ハルジオン」

スポンサーリンク


関連記事